MENU

孫とのビデオ通話で泣きそうになってしまいました

先日、めでたく62歳の誕生日を迎えました。

娘から電話がかかってきました。孫とのビデオ通話。

幼稚園では英語で会話をしているということで、覚えた英語を色々と披露してくれます。

とにかく、よくしゃべる子なので、私は「うんうん」と聞いているだけ。

先日、娘からの頼まれごとがあったので、それが全部揃ったら送るのですが、その時に

「欲しいものがあったら一緒に送るから、何が欲しい?」

と訊いたら「アンパンマンカレー」とリクエストがありました。そうか、日本でしか買えないか。たくさん荷物に入れよう。

他にも色々と言っていたのですが、全部食べ物です。

「チョコレートは、こっちでも買えるでしょう?」と娘の突っこみが入ります。

30分ほど話して通話を終えたのですが、不覚にも泣きそうになってしまいました。

一人暮らしは気楽でいいわ~なんて言っていますが、きっと強がりですね。本当は寂しいのかもしれません。寂しいです。

部屋には、子ども達の小さい頃の写真は飾ってありますが、孫の写真はあえて飾っていません。

目にする度に泣きそうになってしまうからです。ババ馬鹿を自覚しています。

 

一時帰国は、来年の夏くらいになるということ。早く会いたいけれど、向こうに帰ってしまったら、また泣くであろうことは容易に想像できます。

ダメですね~。何か楽しいことを考えましょう。

久しぶりにドラクエでもしようかしら